DTMとは?初心者にもわかりやすく解説します!

DTM
この記事は約3分で読めます。

今回は初心者の方に向けて、DTM(デスクトップミュージック)について解説します。DTMはパソコン上で音楽制作を行うことです。始める前に基本的な概要を押さえましょう。

必要な機材について

パソコン上で曲をつくるにあたって、主に以下の機材が必要となります。

DAW

DAWは、音楽制作や録音に必要な機能を集約したコンピュータソフトウェアです。オーディオトラックの録音、編集、ミキシング、エフェクト処理などが可能で、プロフェッショナルな音楽制作に欠かせないツールです。代表的なDAWには、Ableton Live, FL Studio, Logic Pro, Cubaseなどがあります。

ソフトウェア音源

ソフトウェア音源は、コンピュータ上で動作し、様々な楽器の音をシミュレートするソフトウェアです。これにより、実際の楽器を持っていなくても、多彩な音色で楽曲を作成することが可能です。

ミックス/マスタリング用のソフトウェア

ミックスは、複数の音源をバランスよくまとめる作業で、マスタリングは、その最終的な音質を調整する作業です。これらの作業には専用のソフトウェアやプラグインが必要になります。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは、外部の音声機器(マイク、楽器等)とコンピュータを接続するハードウェアです。

スピーカーやヘッドホンで音源を聞くときや、実際の楽器や声を録音する時に接続して使います。

スピーカー、ヘッドホン等

制作中の音楽を確認するために使います。

MIDIキーボード

ソフトウェア音源をDAW上で記録するのに使います。マウス操作でも入力可能ですが、キーボードを使用することで快適に作業することができます。

ギター、マイク等

生音を録音する場合に使用します。

必要な作業について

音楽制作は主に「曲作り→ミックス→マスタリング」の順番で進めます。

曲作り

まずはアイデアを思い付き、曲の構成を考えましょう。次に、各パートごとに音を作り出し、アレンジしていきます。楽器の音源を使ったり、ボーカルを追加したりすることもできます。

ミックス

各音がバランスよく鳴るように調整します。具体的には、複数の音を左右に振り分けたり、音量バランスを整えたり、周波数を調整したりします。

マスタリング

曲全体の音圧やクオリティを整えます。

最後に

DTMは初めての方にとっては少し難しく感じることもあるかもしれませんが、基本の流れを理解して取り組むことで、作曲の楽しさを味わうことができます。
まずは簡単な曲作りから始め、少しずつ慣れていきましょう。

このサイトでは作曲からDTM、動画制作、公開まで詳細に解説しています。
作曲から公開までの完全ガイド」ではそれらの情報を一貫して学ぶことができます。さらなる知識を深めたい方はぜひご覧ください。

この記事を書いた人
ねぎ

普段は会社員として働きながら、10年以上作曲・DTM・演奏をしています。
音楽がもっと身近に感じられるよう、役立つ情報やコツを共有していきたいと思います。
YouTubeではオリジナル曲を公開しています。ぜひチャンネルをご覧いただき、登録をお願いします。

ねぎをフォローする
DTM
シェアする
ねぎをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました